きまぐれ獣医学生の無駄話

獣医学生が気になることを書いてるブログ

Welcome to Mudabanashi of the veterinary student.

PDE阻害とは

真面目な話。

 

チョコレートについての記事でテオブロミンはPDE阻害であると言いました。

チョコレートの記事→http://www.kimagule-vet.com/entry/usinichocolate

 

今回はPDE阻害についてちょっと真面目にさらっとまとめちゃいます。

 

PDEとセカンドメッセンジャー

PDEとはホスホジエステラーゼです。

PDEはcAMPおよびcGMPを分解する働きがあります。

 

cAMPとcGMPってなんやっけ?って方!!

このこ達はセカンドメッセンジャーと呼ばれ、細胞内での情報の二次的な伝達を担当してます。

 

f:id:kimagulevet:20180606213305p:plain

図中の細胞機能の変化について末梢では、心筋収縮力の増加、末梢血管拡張作用などがあります。

 

PDE阻害とは

先ほどの説明の通り、PDEはcAMPとcGMPを分解します。

PDE阻害とはこの働きを阻害します。

つまり、cAMP及びcGMPが分解されなくなるため、細胞内のcAMP及びcGMPの濃度が高くなります。

これにより、先に述べた細胞機能の変化が過剰に起こります。

 

ちなみに、このようなPDE阻害の作用をもつカフェインやテオフィリン、テオブロミンはキサンチン誘導体と呼ばれています。

 このキサンチン誘導体は、中枢神経おいて大脳皮質の興奮作用が確認されています。

これによって覚醒作用なども生じるわけですね。

 

 

軽くまとめるとこんな感じです。

参考程度に。。。笑